宿泊業界支援情報

【宿泊業界支援】オススメPMS紹介|コスパ最強 Stayseeの導入方法

今日はPMS(ホテルシステム) Stayseeをご紹介します。オープン2年で既に500施設で利用されているようです。導入方法を説明します。

多くの宿泊施設は休館を余儀なくされているところだと思います。もし今台帳などを手書きで運用していてPMS導入をしている施設があればこのタイミングでシステム化を進めて効率化するのもいいかもしれませんね。

今なら3か月間スタンダードプランが無料のようです。

 


Staysee公式サイト

 

とりあえずちょっと触ってみましたがこれこの値段でいいの…?(小声)となるようなクオリティのPMSです。
小規模の旅館やホテルなら十分賄えます。
また、オプションでサイトコントローラー連携も可能なので中規模ホテルでも十分使えると思いますのでご安心を!
ではいってみましょ~

StayseeはどんなPMS?できることは?

Stayseeは月額払いのPMS(ホテルシステム)

プランによりますが980円から利用できます。
通常PMS導入は数十万~100万Overまで費用が掛かる場合もあります。
さらに保守費用も払って年間数十万の支払いをすることもあるのでかなりお得といっていいと思います。

料金プランと特徴

ライトプラン スタンダードプラン アドバンスプラン
月額980円 月額3,980円 月額9,980円
予約・顧客・売上管理のみの最低限の機能がそろったリーズナブルなプラン。部屋数が少なく最低限予約の管理ができればいい施設向け。アカウントは1人分のみ。 ライトプランに加えて分析機能・帳票機能が追加されたプラン。アカウントが10個まで利用可能であるため、複数人のスタッフが利用できる。 サイトコントローラー連携や複数施設管理が可能なプラン。中規模の旅館・ホテルでサイトコントローラー契約をしているならこのプラン推奨

※2020年4月23日時点の情報です

利用まで面倒な手続きがいりません。

通常PMS導入をする場合は、
会社選定→問い合わせ→デモ→見積→契約→導入(数か月)
といったフェーズを経て導入することが多いですが
Stayseeに関しては、思い立ったが吉日
「その日に始める」ということが可能です。

直観的に操作しやすい

操作しやすいです。部屋割りなどはマウスで操作出来て、予約の入力はキーボードとTabキーを利用して操作できます。

サイトコントローラー連携が可能


月額9,800円のアドバンスプランを利用すればサイトコントローラー連携も可能です。
対応しているサイトコントローラーは「TLリンカーン」「TEMAIRAZU」「ねっぱん」「らく通」の4社です。

サイトコントローラーって何ぞや?という方は
いずれ記事を書くのでちょいとお待ちを…

 

Stayseeのまわしモンか?デメリットはないの?
別に回し者でもなんでもないです!
デメリットがあるとすれば、お部屋の登録・商品登録などは自分でする必要があるので、慣れていないと時間がかかるかも

それでも、マニュアルがダウンロード出来たりやサポート体制も整っているのでわからないことがあればすぐに聞くことが出来ますよ。

特徴が分かったところで次に導入方法を説明します。

 

Stayseeを導入してみよう!

まず必要なものは以下

インターネット環境
メールアドレス
パソコン・もしくはタブレット

 

Stayseeの公式サイトにアクセスします。

②トップページから「無料で試してみる」ボタンをクリックします。

 

③仮登録用のフォーム画面が開きます

メールアドレスを入力
管理者名を入力
・利用規約、プライバシーポリシーに同意するにチェック
登録ボタンをクリック

 

④仮登録完了のメールが届くので、URLをクリックします。

⑤サービス登録の画面が開きます。

サブドメインを入力します。
施設名を入力します
パスワードを入力します。
登録ボタンをクリックします。

サブドメインって何?なんでもいいの?
サブドメインは管理画面へアクセスするためのURLで、インターネット上の住所みたいなものです。特にこだわりがなければ施設名や法人名でいいと思います。ただし英語表記でね

 

⑥登録完了画面が開きます。

⑦メールボックスに登録完了メールが届きます。

ログインURLが記載されているのでアクセスします。
メールアドレスとパスワードの入力画面が表示されるので入力すると管理画面にアクセスできます。

 

これで導入は完了です!
管理画面に入ると利用開始までのロードマップが表示されるのでそれに沿ってマスタ(お部屋情報や商品情報)を登録したら予約の入力が可能です!細かい設定方法などは公式を見たほうが分かりやすいと思います。

 

とりあえず導入までの説明でした。

管理人からヒトコト


マニュアルなしでも基本設定はおおよそ出来たので、普段PMSを利用していて管理人をやっているような方は直感的に操作できると思います。

お部屋のレイアウトを始め1泊2食やその他商品など基本的なマスタも最初から登録されているので設定するときもどこに何を設定すればいいのかわかりやすいです。

また、予約登録画面での入力もタブキーを利用して次々へと登録できます。正直この値段でここまで出来るとは思っていなかったので驚きました。タブレット対応や新しいオプションなどもどんどん開発していっているようですので、今後の展開にも期待できますね

 

Staysee公式サイトはこちらから

Staysee公式サイト

人気記事

-宿泊業界支援情報
-, ,

© 2021 観光業ニュース・ホテル紹介 ハレルヤ Powered by AFFINGER5