コラム

【業界向けコラム】宿泊業のセキュリティ対策|あなたの施設は大丈夫?~実体験を添えて~

本日はちょっと趣向を変えて宿泊施設の運営者向けにコラムを書きたいと思います。
本日のテーマは「セキュリティ」です!

私の実体験を元に事例を紹介しつつ話をしていきたいと思います。
あなたの施設は大丈夫ですか?

 

別件の対応中に見てしまった雇われ支配人の怪しいメール

私は旅館やホテルに出入りする仕事をしています。
ある旅館グループの1件の営業担当になった私は
夜間に作業があり事務所に残っていました。

夜勤の方はフロントにいて事務所は支配人と私のみ
おもむろに支配人が

パソコンの調子が悪いから見てくれない?

とのこと。

作業の合間で時間があったので快諾して確認。

ウィルス感染やそういったものではありませんでしたが
重そうなアプリを終了して再起動して~という対応でとりあえず解消したのですが

 

その際に見てしまった…

おいおい、この人個人メールでお客さんとやり取りをしているよ…!

 

旅館専用のメールアドレスはあるのに…

 

モチロンその旅館専用のメールアドレスはあります。
「~~@XXXryokan.jp」みたいなものです。

 

では今回支配人がわざわざ個人メールを利用しお客さんとやり取りしていたのは
何がまずいのでしょうか。

 

①施設・運営サイドがお客さんとのやりとりを把握できない。

 

 

メールを個別でやり取りしていた場合、その内容を周囲が把握する術はありません。

何かトラブルが発生した場合や、お客さんから要望・クレームなどを受けた場合
その人しか知らない。ということになります。

それがもしお客さんの重要な情報であったり、常連のクレームだったりして、その情報が共有されず次回訪問時に対応できていない。

ということが発生した場合、困るのは他のスタッフ

そして何より一番困るのはお客さんです。

もう2度と来ない!ということももちろんあり得るでしょう。

 

施設の退職時にお客さん情報を保持したまま転職できる

 

これが施設にとっては相当な不利益が生じる可能性があります。

 

僕転職したんでこっちの旅館来てください♪

 

が、出来てしまいます。またよくニュースで見かける

 

かわいい子が来たから個人的に連絡しちゃった♪

 

みたいなことも出来てしまいます。

「うちのスタッフはそういう事はしない!」
と思っている経営者の方。

100%そう言いきれますか?

その個人のやらかしにより施設やグループそのものの信頼を失墜させかねない危険があります。

 

旅館・ホテルの情報セキュリティはどのように対策すれば良いか

メールアカウントの共有

メール監視ソフトの利用

メール送信PCを固定する

などなどありますが…

私がおすすめしたいのは監視ソフトの導入です。

例として紹介するのは「SKYSEA ClientView」という藤原竜也がCMをやっているソフトで
新幹線の中で広告を観たことがある人もいるのではないでしょうか。

 

「SKYSEA ClientView」とはどんなソフト?

 

標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃、
PCの誤操作やデバイスの紛失といった人為的なミスなど、
組織は情報漏洩リスクと常に隣り合わせです。

SKYSEA Client Viewは組織の重要なデータを守るため、
情報セキュリティ対策の強化とIT資産の安全な運用管理を支援す
各種機能・ソリューションを提供いたします。

SKYSEA Client View 特長
https://www.skyseaclientview.net/point/

と公式にはありますが簡単に説明しますと

●資産管理(サーバー・ソフトウェア・プリンタ・ルーターなどの情報を24時間収集・管理
●デバイス管理(USBやメディアの管理をして情報漏洩を防ぐ
●ログ監視(PCの履歴をログで管理

 

等々他にも運用に合わせた様々な機能が利用できます。
私も知らなかったのですが、働き方改革に繋がる機能もあり、

●テレワーク中のスタッフの労働時間が見にくい
●仕事中の様子が分からない
●情報漏洩が心配

 

など経営サイドからの悩みも解消することが出来ます。
そして何より、「こういうソフトが入っていますよ」という明示だけでも抑止力になると思います。

あなたが今使ってるPCやスマホ、経営者はいつでも見られますよ。
と言われたら…変な事しませんよね?

 

 

「SKYSEA Client View」の費用はいくら?

費用については、利用者の運用や要望によって変動するので
ホームページには記載されていません。
お問い合わせが必要になります。

問い合わせの際は現在使用しているシステムとの親和性などを確認しておくといいかもしれませんね

今日はセキュリティに関するお話でした。

ちなみに件の支配人には

支配人~これはちょっとマズイでしょ~

と釘を刺させて頂きました。
別に握りたくもない弱みを握ってしまったわけですが…

 

しっかり対策をして情報漏洩の防止や情報資産を守りましょう!

※使用している画像は公式サイト・予約サイトのものです。

人気記事

-コラム
-,

© 2021 ハレルヤ Powered by AFFINGER5