業界ニュース

【業界ニュース】2020年12月~那須塩原市の入湯税引き上げが始まります

那須塩原市で可決された条例により
2020年12月1日から入湯税の引き上げが開始されます。

条例が可決された時は話題になったのですが、その後あまり報道されていないようなので記事にしてみました。

 

那須塩原市では、コロナ禍における「新しい観光のあり方」を策定し、観光地の信頼(安心・安全)を確保する取組として、新型コロナウイルス感染症対策調査事業(PCR検査)を実施することとしました。

また、「新しい観光のあり方」において、観光客にも一定の責任を求めるという「責任ある観光」(レスポンシブルツーリズム)を推進するため、期間限定の特例措置として、事業費の一部を観光客に御負担いただくこととし、具体的な方法として宿泊者を対象とした入湯税の税率の引上げを行うこととしました。特例措置期間(税率の引上げ期間)は、令和2年12月1日から令和4年3月31日までです。

那須塩原市HP 入湯税率の引き上げについて
http://www.city.nasushiobara.lg.jp/08/8960.html

 

那須塩原市の入湯税引き上げ期間

那須塩原市が入湯税を引き上げるのは

2020年12月1日~2022年3月31日まで

宿泊の場合は現行150円の入湯税が50円~200円プラスされるのでご注意ください。

 

入湯税の課税条件など

宿泊料金や利用形態によって入湯税が変わります。
クレジットカード支払いをした場合も現地で入湯税のみ支払う場合がありますので、ご注意ください。

1人1泊の入湯税

宿泊料金 現行 引上額 新税率
10,000円以下 150円 50円 200円
10,001円以上
20,000円以下
150円 100円 250円
20,001円以上 150円 200円 350円

※宿泊料金は税抜き

 

1人1泊(自炊)の入湯税

宿泊料金 現行 引上額 新税率
10,000円以下 100円 50円 150円
10,001円以上
20,000円以下
100円 100円 200円
20,001円以上 100円 200円 300円

※宿泊料金は税抜き

自炊とは旅館の厨房を利用せず、宿泊者が備え付けのキッチンなどで持参した食材や用具で料理をする場合が該当します。素泊まりは自炊にはなりません。

 

日帰りの入湯税

50円(変更なし)

 

修学旅行・学校教育行事の入湯税

教職員の引率する修学旅行その他の学校教育上の見地から行われる行事に参加した中学校(義務教育学校の後期課程を含む。)
又は高等学校の生徒で1泊又は日帰り

20円(変更なし)

 

入湯税課税免除の条件

  • 年齢12歳未満の場合
  • 共同浴場又は一般公衆浴場に入湯する場合

 

以上、那須塩原市入湯税値上げのお知らせでした。
旅行者の方も感染対策に気を付けて旅行しましょう!

人気記事

-業界ニュース
-

© 2021 観光業ニュース・ホテル紹介 ハレルヤ Powered by AFFINGER5